Skip to content Skip to footer

Tag: Aero

<速報>TREK WORLD 2016 

  TREK WORLD 2016が京都で開催されました。TREKは昨年度よりイヤーモデルを廃止しており、継続するモデルが半数を占めていますが、なかでも注目を集めていたのが、先月発表されたMadone 9シリーズ。Tour de FranceでもTREK Factory Racing Teamが使用していたので、テレビで実際の走りをご覧になった方も多いかもしれませんが、試乗してみると、その凄さに圧倒されました。   今回のTREK WORLDには、本社の開発に携わっている日本人スタッフによる、Madone 9の開発について詳しいプレゼンテーションが行われました。CFD(数値流体力学)を用いた開発現場の生の声からは、TREKが新製品の開発に2年以上もの月日をかけ、実際の走行データと近似した数値を導きだすCFDの活用等を通じて、ボトルケージの位置まで入念に設計することで、昨年モデルよりも大幅な空気抵抗の軽減に成功し、乗り心地を最大化するISO SPEEDの採用も伴い、究極のエアロロードバイクを作り出すに至った経緯が説明されました。実際Madone 9では、昨年モデルよりも19Wの空気抵抗の削減に貢献しているとの実験データもでているとのこと。   また新しいエアロヘルメット「Ballista」では、海外の自転車評価サイト「bikerader」で初登場1位を獲得するなど、ヘルメットにおいても、空気抵抗の軽減と快適性の両立を図っています。   さて、そのMadone 9ですが、実際に試乗してみました。感想は、「速い」の一言に尽きます。ちょっと踏むだけで、平地で軽く40km/h以上でます。風をきるというより、風すら気にさせない走りです。かといって乗り心地は固すぎず、ダンシングしてもフレームがよれない剛性の高さが伝わってきます。 Emonda ALRにもその後試乗しましたが、バイク全体の軽さ加減というものは、確かにEmondaに軍配があがるでしょうが、総合的なバランスでは、さすがMadoneだなという印象です。TREK Factory Racing の選手達も山岳コースでもMadoneを使用していたとの話からも、オールアラウンダーとしてのMadoneの存在感がますます高まったといえるのではないでしょうか。

Read more

GIANTからPropel Advanced 3が入荷!!

GIANTの2014年モデルで一番の注目を集めていたのが、エアロロードバイク。そのなかでも上位モデルのテクノロジーを受け継ぎつつも、一般レーサーにも手の届き易い価格で登場したのが、Propel Advanced 3です。 GIANTは、Propelを開発するにあたり、風洞実験など空気力学を用いた研究開発に定評のあるフランス企業と業務提携しており、エアロロードバイク開発への意気込みが伝わってきます。 Propel Advanced 3のフレームは、エアロダイナミクスの為に風洞実験を繰り返し開発されたエアロ形状を採用。ブレーキは、フロンフォーク、シートステーに直付けされたSpeed Control SL。 ケーブルは、トップチューブ上から内蔵されるように設計されています。 Advanced 3に採用されているカーボン素材は、軽量で、重量剛性比に優れたハイパーフォマンスグレードのカーボン原糸を使用し、GIANTの自社工場でハンドメイドされています。重量は7.9kg(520mm)です。 ドライブトレインは、Shimano 105のフル装備です。クランクセットは、53/39T、カセットスプロケットは、11-28Tの10速です。 Propel Advanced 3には、さらに、ANT+2.4GHz対応スピード&ケイデンスセンサー「RIDE SENSE」が標準で装備されています。RIDE SENSEは、左チェーンステーの内側に内蔵されており、見た目もすっきりしています。 サイズは、465(XS), 500(S),520(M),  545(ML)の4サイズ展開、カラーはカーボン&オレンジの1色展開です。店頭にて、サイズ500のバイクを展示しています。是非実車をご覧下さい。 最後に、Propelのスペシャルサイトに掲載されている映像をご紹介します。Propelの開発過程が垣間見れます。 さらにGIANT主催の試乗会が開催されます。詳細はGIANTのホームページにてご確認ください。    

Read more