How to Find Your Bike!

ー最適なバイク探しとはー

1. どこで、どのくらいの距離を乗るのかを考えてみる

一般車では多くの場合、舗装された道を走ることを前提に作られています。そのため、タイヤも溝が入った「スリック・タイヤ(でこぼこのないタイヤ)」が使われ、道路との摩擦抵抗を減らし、転がりがよくなるように作られています。

通学、通勤用であれば、一般車でも十分対応できます。最近では、アルミ製フレームの外装6段仕様の自転車も多く登場しており、軽さとギアのバリエーションの多さが両立されています。

ロードバイク

舗装された道を軽やかに、かつ速さにこだわるのであれば、「ロードバイク」を選択されるといいでしょう。特に平均して50km-100kmぐらいの距離を定期的に乗られる方には、おすすめします。タイヤが平均して2.3cm幅、重量が平均して7kg−10kgです。フレームやジオメトリーによって異なりますが、主に山を登る「ヒルクライム系」、長距離を快適に走る「エンデュランス系」、空気抵抗を軽減し高速で走行する「エアロ系」の3つに分類できます。

クロスバイク

乗る距離が30kmぐらい、時間にして1-2時間ぐらいのサイクリングが中心といった方には、「クロスバイク」をおすすめします。ロードバイクに比べると、タイヤは平均して28-32mm、バイクの重量は10kg-12kgぐらいのモデルが多くラインナップされています。通勤や週末のフィットネスとして使用される方が多いです。リヤキャリヤやフェンダー(泥よけ)の取り付けも可能です。

MTB

砂利道や山道などオフロードでバイクを楽しみたいという方には、「MTB」をおすすめします。タイヤは、ロードバイクやクロスバイクと異なり、ブロック・タイヤ(でこぼこのあるタイヤ)を使用。フレームもがっちり作られています。

また、オフロードによくある段差などを乗り越える際、体への衝撃を緩和させたり、タイヤと地面とが接触し続けるようにする役目をもつ「サスペンション」が装備されいるバイクも多いです。

重量は、上記二つのバイクよりは重くなりますが、最近ではアルミ製のバイクに加えて、カーボン製のバイクもラインアップされており、軽量化が図られています。タイヤサイズも、ファットバイクのような極太タイヤを履かせたバイクなども人気を博しています。

2. ブランド(メーカー)を選ぶ

どこで、どのように乗るのかがある程度、想像できたら、今度は実際にバイクを選んでみましょう。店舗によって取り扱っているメーカーが異なるので、気になるメーカーがあれば、そのメーカーのホームページなどで取り扱いディーラーを検索するといいでしょう。

気になるメーカーが決まれば、実際に自転車を選びます。同じカテゴリーでも、メーカーによって使用しているテクノロジーは違うので、店舗にてご相談ください。当店で取り扱いのあるメーカーはこちらから。

価格も重要な要素です。もちろん高価なバイクには、いいパーツが使用されている場合が多いですが、初めてスポーツバイクに乗ろうとする方にとっても、有益であるのかということも確認しておくといいでしょう。

3. サイズを決める

バイクにはサイズが多数用意されています。試乗車や展示車にまたがってみて、サイズを確認しましょう。サイズについては、店頭にてご説明しています。ご購入の際には、ご相談ください。

4. 納車

晴れてバイクが決まれば、あとは納車を残すだけ。当店では、納車前に、バイクの基本的な取り扱い説明を行っています。タイヤの脱着や、変速機の使い方、空気の入れ方、鍵のつけ方、などを一通りご説明します。

ロードバイクを始めスポーツバイクは、ライド先でパンクすることも想定されるので、お客様自身でパンク修理ができるといいでしょう。当店ではお客様自身でパンク修理を行えるように、修理の仕方を個別にご説明しております。(費用は無料です)納車後、1-2ヶ月経ち、バイクに慣れてこられた時に、お受けになることをおすすめします。

5. メンテナンス

バイクは、日常のメンテナンスが必要になります。チェーンへの注油、ブレーキの調整、変速機の調整については、当店では無料でメンテナンスを行っています。

(*パンクやワイヤーの交換ならびに部品の交換が必要な際には、部品代と作業工賃をいただいております。ご了承ください)

空気入れは、無料でお貸ししておりますので、当店近くにお越しの際には、ぜひ一声かけてください。

万が一、八王子市内でパンクしたりして、動けなくなってしまった場合には、バイクを取りに伺いますので、当店までご連絡ください。