Welcome To Leisurehouse Miyazaki

Garmin EDGE530/830発売開始!

Garminから新しくサイクルコンピューターが発売されました。

EDGE530とEDGE830(以後530、830)は、ともに2.4インチのフルカラー液晶を搭載し、画面が大きくなることで見やすが向上しました。また新しい高速CPUが搭載され、タッチパネルの動きもサクサクしています。

530と830の違いは、530がボタンで作動するのに対して、830はタッチパネルで作動するいうのが大きな違いです。530は本体のみの販売とセンサーセットの販売と2種類用意されているのに対して、830はセンサーセットのみの販売となっています。価格は、530の本体のみが37,800円(税抜き)、センサーセットが47,800円(税抜き)です。830は、センサーセットが57,800円(税抜き)となっています

 

トレーニングページの表示項目は、最大10項目まで表示することできます。各項目も好みに応じて変更ができます。

新しく更新された晶文社の日本詳細道路地図を使用したナビゲーション画面でも、サクサクとカーソルが動きますし、拡大縮小もスムーズです。ナビの案内も簡潔で、上部にこの先の方向と通りの名前が表示されますし、曲がり角が近くなると音で知らせてくれます。

新しい機能追加としては、「Climb Pro」「Bike Alarm」「高度順応・暑熱順応機能」「栄養補給・水分補給記録機能」などがあります。Climb Proは、ヒルクライムレースなどにおいて走行中に平均斜度や、頂上までどれぐらいの距離が残っているかなどを表示してくれます。これによりよりペース配分がしやすくなり、オーバーペースを防ぐことができると思います。

Bike Alarmは、コンビニなどでバイクを止めた際にパスコードを設定しておくと、バイクが何らかの振動を感じた際にアラームを鳴らすとともにスマートフォン(以降、スマホ)に通知を送ってくれる機能です。鍵をつけておくのはもちろんですが、さらなるセキュリティのツールとして有効だと思うので、是非購入された方はこの機能を使われることをオススメします。

高度順応・暑熱順応機能は、高所トレーニングをする際や暑さに対してどれだけ耐性ができてきているのかを把握できる機能です。この機能を使用するには、トレーニング時のストレスデータなどを利用して表示されますが、データが反映されるには複数の日にまたがるトレーニングが必要となるようです。

栄養補給・水分補給記録機能も、トレーニングを進めていく上での疲労軽減などを目指すときに便利な機能です。90分以上のトレーニングを終えた後に、そのライドで摂取した水分量やカロリーを登録することで、どれだけライド中の摂取が十分であったのか、また足りない場合にはライド後にどれぐらい摂取すればいいのかを提案してくれます。

詳しいことは、動画にて簡単にご説明していますので、こちらも併せてご参考にしてください。

 

jaJapanese
jaJapanese