スポーツeBikeの幕開け!パナソニック「XM-1」入荷です!!

投稿日: カテゴリー: バイク入荷情報

先日ドイツで開催されたヨーロッパ最大の自転車ショー「ユーロバイク」。その会場の一番の注目は電動アシスト自転車(通称:eBike)だったとの報告を聞きましたが、ここ日本でも一般タイプをはじめとして電動アシスト車の普及が進んでいます。

欧米での人気が日本にも波及してきており、2018年モデルよりShimanoやBoschとはじめとしたパーツメーカーや他業種のメーカーが続々とeBike市場への参入を発表し、独自開発のモーターやバッテリーをスポーツバイクに搭載したモデルの販売が予定されています。

まず第一弾として当店に入荷しましたのが、パナソニックの「XM-1」です。パナソニックは、以前よりヨーロッパ市場向けにモーターやバッテリーの開発を行っておりましたが、今回そのノウハウを活かしたバイクを日本仕様に改良して販売が開始されました。

大型の液晶ディスプレイが搭載されています。

コックピット周りですが、まずステム上に大型の液晶ディスプレイが配置されています。ここには走行速度や走行距離、アシストパワーの表示など8項目が表示されるようになっています。

またハンドル左側には、操作ユニットがついており、ここでアシストモードの切り替えを行います。

バッテリーはダウンチューブに取り付けられています。

バッテリーはダウンチューブと一体化しており、左側に外れるようになっています。またモーター部分は、クランク軸の中にダイレクトに取り付けられています。これにより、ペダルを踏んだときによくあるモーターが作動するまでのタイムラグを感じることなく、スムースな発進が期待できます。

バッテリーを外した状態です。左上にロックがついています。

バッテリーはダウンチューブの左側にあるロックを解除して取り外します。バッテリー容量は、36V−8Ahで、1回での充電で走行できる距離は、モードによって異なり、Hiモードで約42km、Autoモードで約54km、ECOモードで約78kmとなります。

充電はバッテリー下部にあるカバーを取り外し、そこに充電ケーブルを差し込み、専用の充電器で充電します。充電時間は約3時間とのことです。

MAXXIS IKON ebikeのタイヤを装着。

XM1は今までのeBikeと異なるのは、電動アシスト車でありつつも、本格的なMTBであるということ。高い走破性と耐摩耗性に優れ、そして日本人にも扱いやすい27.5インチのタイヤを装着。eBikeにも対応したMAXXIS IKONを使用しています。

ブレーキはShimano SLXの油圧ディスクブレーキを採用。ディスクブレーキは、特に雨天での制動力の強さには定評があります。SLXグレードは、見た目もシャープで、またパッドの放熱構造の見直しで、ハードな下りでも安心して走れます。

SHIMANO SLXを採用。

ドライブトレインも、ブレーキと同じShimano SLXグレードで統一されています。フロントはシングルで41T、リアは11-36Tの10速となっています。

品番: BE-EXM40
フレームサイズ: 400mm
完成車重量: 21.8kg
適応身長: 157cm-183cm
価格: ¥330,000(税抜き)