お知らせアクセサリー

Lezyne GPS 新しいファームアップデートが公開!

巷で話題のLezyneのサイクルコンピューターですが、8月30日からドイツで行われているユーロバイクに合わせて、ファームアップデートが公開されました。7月にLezyneの開発担当者が来日し、販売店向けに講習会を開いてくれましたが、その際に将来的にフォントであったりディスプレー項目に変更がありますとの情報を得ておりました。今回のアップデートでは、販売以来のデザイン面での大きな変更となります。

変更点をご説明する前に、お客様からのご質問で、よくファームアップデートのやり方がわからないというお声を頂戴するので、こちらにてファームアップデートの仕方について簡単にご説明します。

1. GPS ROOTのサイトを開く

まず、Super GPS等のLezyneのサイコンをお使いになるときに、データをクラウド上で保存するために、「GPS Root」にてアカウントを作成します。このサイトをまず開いてください。

アドレスはこちら:GPS ROOTS

2. サイト下にあるソフトウェアアップデートを開く

ログインすると、下のダッシュバーに「ソフトウェアアップデート」という項目があります。こちらをクリックしてください。そうするとLezyneのホームページに移動します。

3. 最新のアップデートを確認し、ダウンロードする

次に一番上に表示されているアップデートが今回のものになります。今回のバージョンは、「Version: 5.33, Release date 30-Aug-17」になります。その表記の横に、パソコンのOSのアイコンがありますので、ご使用のパソコンのアイコンをクリックして、ダウンロードをしてください。私の場合はmacを使っていますので、以下の説明はmac環境に依存しますので、ご了承ください。

4. ダウンロードしたファイルを開く

ダウンロードが完了すると、このように自動的にファイルがあきますので、このアイコンをクリックしてください。

5. GPSをつないで、アップデートを行う

デスクトップ上にこのようなアプリケーションが立ち上がります。そうしましたら、ここで初めてお手持ちのサイコンとパソコンをケーブルにてつなげてください。すると自動的にアップデートが開始されます。アップデート中は絶対にケーブルを抜かないように気をつけてください。アップデートが終わりますと、自動的に終了します。あとは各自のパソコンの仕様にのっとって、GPSをパソコンから取り外してください。

変更点としては下記の通りです:

  • 今まで各ページでの最大のデータ表示項目は4項目でしたが、これが8項目まで増やせるようになりました。また一つのコラムを2分割して表示することも可能です。ページ数は、Super GPSとMacro GPSにて最大5ページ登録することができます。
  • またこれに合わせて、フォントやレイアウトが新しくなりました。以前よりフォントが大きなり、視認性が高くなっています。
  • データ項目の内容に、バッテリーの残り時間の表示や、GPSの強度が追加されています。
  • データの保存に関しては、ライド終了後に、データをセーブし、そのあとスマートフォンでデータを手動でクラウドがスマートフォンにアップロードする必要がありましたが、今回のアップデートから、データをGPS側で保存すると、自動的にデータがアップデートされるようになりました。
  • 下から2番目の「breadcrumb」というのは、ライド中に地図形式に近い形で、線で走っているところの足跡が表示される機能です。仮に道に迷って引き返そうとした場合に、この線を頼りにすると元の場所に戻れるなど、簡易的なナビのような役割があります。この表示を拡大したり縮小したりする機能が新たに追加されています。

簡単ではありますが、今回のアップデート内容をご紹介しました。Lezyneのサイクルコンピューターのいい部分というのは、おおよそ1ヶ月に1回程度のアップデートがあるということです。サイクルコンピューターもスマートフォンと同様に2−3年程度での買い替えが行われていて、ハードウェアは一定のクオリティーを保ちつつも、ソフトウェアの部分での改善を進めることで、ユーザーにとって魅力的な特徴を持つサイコンを作ろうとしています。この部分に関しては、私も実際に使用している中で、回を重ねるごとに性能が良くなっていくことを実感していますし、価格に対しての製品の満足度は高いと思います。

当店では、店頭にてモックや製品動画をご覧いただけるディスプレーもございますので、こちらも合わせてご覧いただけたらと思います。