2017年モデル TREK クロスバイク入荷しました!

TREKのクロスバイクが名称を変えて新登場しました。クロスバイクは「FX1」「FX2」「FX3」と、より走りを重視したFX Sシリーズの2グレードに分かれています。

今回紹介するのは、前記のFXシリーズです。旧モデルでは展開のなかった「FX1」が登場し、よりお求め安い価格でTREKのクロスバイクの乗れます。また「FX2」「FX3」は、それぞれ2016年モデルで「7.2FX」「7.4FX」として展開されていたモデルで、マイナーチェンジにとどまり、価格がそれぞれ6,000円、9,000円値下がりしています。

FX1

2017年に新たにクロスバイクのラインナップに追加されたのが「FX1」です。シルバー・アルファ・グレードのフレームに、スチールのフォークが採用されています。タイヤサイズは700x35cで、エアボリュームもあり、ちょっとした荒れた道でも安定して走行できます。一般のシティーサイクルと同じぐらいの幅で、初めてクロスバイクに乗る方にも、抵抗なく安心して乗れます。

変速は3×7の21速。通勤や通学のクロスバイクとして十分な性能を持ったバイクです。カラーは、ブラックとオレンジ(Roarange)の2色展開です。価格は49,000円(税込)と、TREKのバイクで5万円を切るバイクは、価格面でも魅力的です。

ライズのついたアーバンなデザインのハンドルバー。
Duo Trap Sに対応。ワイヤレスでスマホと連携できます。

FX2

旧モデルで「7.2FX」として販売されていた「FX2」は、マイナーチェンジでの登場です。サドルが以前のものから進化し、中央部に穴があいているSport Saddleになっています。男性の方には特に前立腺への圧迫などの可能性があり、カットアウトをつけることで、軟部への圧迫を軽減する効果があります。長時間乗っていても楽なサドルが採用されています。

変速は、FX1に比べるとリアが8速になり、3×8の24速です。ハンドルもストレートハンドルで、剛性も高くなります。タイヤは幅は、「FX1」と同じ700x35cです。カラーは、ホワイト、マットブラック、グリーン・ライト、ウォータールーブルーの4色展開です。価格は旧モデルよりも6,000円値下がりし、59,000円(税込)での販売です。

ストレートハンドル。Blendreに対応しています。
カットアウトのついたSportサドル

FX3

「FX3」は、旧モデルで「7.4FX」として展開されていたモデルで、TREKのクロスバイクの中で一番人気のモデルです。こちらもクランクの仕様変更ぐらいのマイナーチェンジに留まっています。リアはさらに一枚増えて9速となり、3×9の27速です。ハンドルはオーバーサイズ規格で、より剛性感があります。

またグリップ部分には振動を吸収するISO ZONEグリップが採用されていて二重構造でハンドルへの振動を減衰するようになっています。またフロントフォークは、カーボン素材が採用されて、重要も軽量になり、また非金属ということもあって振動減衰性に優れています。

タイヤ幅は、700x32cと、クロスバイクでは一般的な太さのタイヤを使用。全天候型のタイヤです。カラーは4色展開で、ブラック、ヴァイパー・レッド、ホワイト、カルフォルニア・スカイ・ブルーです。価格は旧モデルよりも9,000円値下がりし、79,000円(税込)です。

「FX1」「FX2」よりも、より快適な乗り心地、走りの軽さ、走りに重きをおく方にオススメのバイクです。

GOLD ALPHAアルミニウムフレーム。中抜きされていて軽量なフレームです。
ケーブル内蔵型のフレーム
IsoZoneハンドルバーとグリップ
リアは9速に
jaJapanese
jaJapanese