Bontrager Ballista Asia Fit待望の入荷!

1

 

風洞実験で実証されたヘルメット
2016年の注目のヘルメットであるBontrager「Ballista Asia Fit」が入荷しました。古代ギリシャの飛び道具にちなんで名付けられたBallista。走行時の空気抵抗は、バイクのフレームだけはでなく、ライダー自身にも大きく起因するため、ライダーにかかる抵抗をいかに軽減するかも、開発の課題になっています。

そこで、トレックでは、ヘルメットにも注目。風洞実験とコンピュータ解析を通じて、空気抵抗を最大限に軽減するエアロロードヘルメットを開発しました。それが今回入荷したBallistaです。

メディアによる製品比較でも高評価を得ています。例えば、アメリカのバイク・サイト「BikeRadar」による今年注目のヘルメットで1位を獲得したとのこと。

[su_testimonial company=”Bike Rader” url=”http://www.bikeradar.com/road/gear/article/best-aero-road-helmets-tunnel-and-road-tested-44719/”](Bontragers) designers have clearly learned from the lessons and mistakes of others as the Ballista emerged as the best overall model we evaluated.[/su_testimonial]

詳しくは下記の記事をご覧ください。(BikeRadar: http://www.bikeradar.com/road/gear/article/best-aero-road-helmets-tunnel-and-road-tested-44719/)

ヘルメットの前面は、Front Center Channelという穴があいており、ここから大量の空気を取り込み、ヘルメット内部の熱を放出します。内部には抗菌パッドが付いているので、においなども気にせずにライドに集中できます。

HeadmasterIIの採用で、片手で簡単にフィット感を調節できますし、上下の調節も3段階になっています。

JCF公認のヘルメットです。

Crash Replacement Guarantee対象

bontrager_crash-replacement-guaranteeさらにここからがすごいのがBontragerのヘルメットです。ライド中に何かのタイミングで転倒してしまったりすることは稀にありますが、そういったときにヘルメットが頭を守ってくれます。ただ一度転倒した場合、ヘルメットは新調する必要がありますが、Bontragerでは、購入後1年間以内に破損した場合、無料でそのヘルメットを交換してくれます!

手順は簡単です。まず損傷したヘルメットと購入した際のレシートを販売店にお持ちください。併せて事故の状況についての説明書をご用意ください。この3点をお持ち頂ければ、トレックジャパンに提出して、新しいヘルメットをご用意できます。

よくお客様から、「このヘルメットは決戦用だから、普段のライドで使用するのはもったいないな」という声をお聞きしますが、このサービスがあれば、ユーザーは安心して、いい製品をいつでも被ることができます。

ぜひこの機会にBontragerのヘルメットをご検討ください。

jaJapanese
jaJapanese