TREKから「Émonda」登場

Emonda_Gallery_10

TREKから超軽量なバイクが登場しました。フランス語で「削ぎ落とす」という意味をもつ動詞「émonder」から名付けられたÉmondaは、徹底した軽量化が図られています。

Emonda_SLR10_Full

最上級モデルÉmonda SLR10は、重量が4.65kg(フレーム: 560mm)と超軽量バイクです。下記のグラフからもお分かりのように相当な軽さです。

Emonda_Chart

今回入荷してきたのは、Émonda SL6 (560mm)です。

Émonda SL6

Émondaシリーズは、グレードごとにドライブトレインが統一されています。例えばSL6の場合、Shimano Ultegraで統一されています。ちなみに4シリーズは、Shimano Tiagra、5シリーズは今年登場した11速のShimano 105 (5800)、 8シリーズはShimano Dura Ace (機械式)、9シリーズはShimano Dura Ace (Di2)、10シリーズは、SRAM REDが搭載されています。

Émonda SL6 frame

フレームは、SLR, SL, Sの3タイプ用意されています。SLRは700シリーズOCLVカーボンでフレーム重量が690g (560mm)、SLは500シリーズOCLVカーボンで1050g (560mm)、Sシリーズは300シリーズOCLVカーボンで1220g (560mm)となっています。今回入荷したSL6の重量は、7.39kg (560mm)となります。

Émonda SL6 Duotrap S

新しく登場したBluetooth対応のDuotrap Sや内蔵ケーブルシステム、BB90、ライドチューンドシートマストは、SLR、SLのみ対応します。

今回の入荷したSL6は、500シリーズOCLVガーボンのフレームで、ドライブトレインがShimano Ultegraという構成になります。メーカー担当者の話では、madoneより乗り心地が良くなったとのこと。ヒルクライムだけでなく、一般的な走行でも十分楽しめる一台だと思います。

さらに500シリーズのOCLVカーボンでShimano Ultegraがついて、¥369,000(税込)という価格も魅力的です。是非店頭にて実車をご覧下さい。

Émondaの開発ストーリーやプロモーションビデオも用意されています。下記の動画もよろしかったらご覧下さい。

 

 

 

コメントを残す

jaJapanese
jaJapanese