GIANT 2014年モデル予約受付中!!

例年9月頃行なわれる新車発表に先駆けて、GIANTの2014年モデルが一部発表されました。今回予約を開始したのは、TCR SLR 1, Defy 0, Defy 3, Escape RX3, Escape R3の5車種です。

TCR SL1

TCR SLR 1はエアロデザインのアルミフレームで、重量が7.6kg (474mm)。価格は¥262,500です。ドライブ・トレインは、今年11速になった新型SHIMANO ULTEGRAが採用され、その他部品もすべてULTEGRAで構成されています。

2013年モデルTCR SLとの違いは、まずフレームにあります。エアロデザインの新SLR極薄チューブ成型のフレームは、ケーブルを内蔵でき、Di2にも対応可能。フォークは13年モデルと同様のAdvanced- Grade Compositeのカーボン製、Overdrive2が採用されています。ドライブ・トレインは、リアが10速から11速にアップし、SHIMANO ULTEGRAで統一されたことが特徴的です。今回のアップグレードによって、価格は13年モデルよりあがっていますが、改良点とかみると、それほど大きな値上げではないように思われます。フレーム・サイズは変更があり、406 (XS、155cm- 170cm), 435 (S, 165cm- 175cm), 474 (M, 170cm-185cm), 509 (ML, 180cm-190cm)の4サイズ展開です。

 

Defy 0DEFY 0は、ロングライド系のロード・バイクの上位モデルで、13年モデルのDefy 1の上をいく車種。価格は、\168,000(税込)。TCR SLR1同様に、新型SHIMANO ULTEGRAが採用され、リアが11速になっています。Defy 0のフレーム・ジオメトリーは、13年モデルのDefy 1と変わらず、重量は8.9kg(465mm)。タイヤは、Defy 1の700x23cから700x25cへと2mm太くなりしたが、安定性が増す分、よりロングライド向けに作られています。フレーム・サイズは、430 (XS、155cm- 170cm), 465 (S, 165cm- 175cm), 500 (M, 170cm-185cm), 535 (ML, 180cm-190cm)の4サイズ展開です。

 

Defy 3 DEFY 3はエントリー向けのロード・バイクです。アルミフレームに、Overdriveコラム仕様のカーボンフォークが仕様されています。ドライブ・トレインは、SHIMANO SORA仕様、18速です。タイヤは安定感のある700x25c、重量は9.4kg (465mm)です。ドロップ・ハンドルに慣れてない方にも安心して乗れるサブブレーキがハンドル中央に取り付けられています。サイクルリングから通勤まで、幅広く使える一台です。サイズは430 (XS、155cm- 170cm), 465 (S, 165cm- 175cm), 500 (M, 170cm-185cm), 535 (ML, 180cm-190cm)の4サイズ展開です。

 

Escape RX3

クロスバイクは、2車種が発表されています。フィットネス・バイクのエントリーモデルEscape RX3は、フレームが新しくなり、変速もリアが9速仕様にアップグレード。フレームは、Aluxx SL-Gradeが採用され、ジオメトリーも変更されています。具体的には、トップチューブが長くなり、リアセンターが短くなっています。これによって重心がより後ろにくるため、より機敏な走りが期待できます。ホイールベースも13年モデルに比べて長くなっており、他の部分の寸法から判断するに、フロントフォークのオフセットが長くなっているのではないでしょうか。これにより、ハンドリングがより安定し、バランスのとれた乗りやすいバイクへと進化しています。

 

Escape R3

乗りやすさとお手頃価格で圧倒的な人気のあるEscape R3。14年モデルは13年モデルより若干値上がりしています。仕様に大きな変更はないみたいです。アルミフレームにクロモリのフォーク仕様、重量は11.4kg。ドライブ・トレインは、SRAM製が仕様され、24速仕様になっています。カラーは、グリーン、ピンク、ホワイト、ブルートーン、ブラックトーンの5色展開。トーンとつくカラーは、単色のグラディエーションのような感じです。

詳細はGIANTのサイトからもご確認いただけますので、そちらもあわせてご参照ください。当店では、これら5車種の予約を受け付けております。納期等もあわせて、店頭にてお問い合わせください。

詳しくはこちらから:GAINT Website

jaJapanese
jaJapanese