Welcome To Leisurehouse Miyazaki

2013年度GIANT展示会レポート

9月5日GIANT2013年度モデルが発表され、新車発表会に早速行ってきました。簡単なプレゼンテーションが行われた後、新車を見てきましたので、そのなかから数台をご紹介したいと思います。

まずは昨年同様、クロスバイクの定番になるだろうEscape R3です。今年はスペックや価格はほとんど変わらず、イエローとグリーンの2色が追加されました。

Escape R3

GIANTが4月から先行投入しているのが、Escape Airです。街乗りを意識しながらも、軽量化を進め、クロスバイクの中ではクラス最軽量の8.9kg(Escape Air LTD)を実現しています。フレームからホイール、シートピラーに至るまで、徹底して軽量化しています。

Escape Air

上2台が街乗りであれば、こちらのEscape RXシリーズは、よりスポーツ志向で、ちょっとした遠出に対応できるクロスバイクです。Escape RX2には、新しくオレンジ色が追加されています。

Escape RX2

こちらはEscape RXシリーズの女性向けモデルです。Excape RX3 Wのグレイですが、2012年モデルにはないかなり個性的なカラーリングで、格好いいです。

Escape RX3

こちらも女性向けのFREEDA。Tradistの雰囲気を残しながら、最小のXXSサイズのバイクには26インチタイヤを使用し、またクランク長も165mmと通常より短く設計されていることで、小柄な方でも安心して乗れるバイクです。特に下記のウォーターグリーン色がおススメです。

Freeda

2013年モデルの大きな特徴として、29erがより身近に感じられる価格帯で提供されるということが挙げられます。まずRock 29er。価格がなんと47,250円です。こちらのカラーはマットブラックのバイクですが、取り敢えず29erに乗ってみたいという方にはおススメのエントリーモデルです。

Rock29er

旧年モデルでも展開のあったTalon29er ですが、こちらはTalon 29er 0です。ロックアウト機能付のフロントサスペンション(100mmトラベル)や、リアに10速が採用されているなど、本格的に乗りたい方におススメの一台です。

Talon 29er 0

GIANT最軽量のレーシングバイク、Defy Advanced SL Rabobank。何と6.8kg (740mm)。

Defy Advanced SL Rabobank

TCR Advanced SL2。こちらは6.2kg (740mm) 。こちらはSL1のリア11速ではなく、10速。SRAMでコンポーネントが構成されています。ANT+対応のRidesenseを標準装備しています。

TCR Advanced SL2

ロードバイクの13年モデルでGIANTが力を入れているのが、Shimano Ultegra Di2を採用したバイクです。こちらはDefy Advanced 0です。剛性と振動吸収性のバランスに優れ、ヒルクライムやレースにも対応できるバイクになっています。

Defy Advanced 0

こちらで紹介できなかったバイクの詳細は、店頭にてカタログでご覧頂けます。ご希望の方はスタッフまでお声がけ下さい。近日中にGIANTのウェブサイトでも公開される予定になっていますので、そちらもあわせてご覧頂ければと思います。

jaJapanese
jaJapanese