GIANT、2013年モデル一部先行発売開始!

秋口に行われる2013年度モデルの発表に先立ち、GIANTの2013年モデルの一部先行販売が開始されました。発売が開始されたのは、DEFY3、EscapeRX3、Escape R3の3モデル。メーカー側から公開された情報をもとに、簡単にレポートします。

Shimano Soraを搭載したDefy3

DEFY3は、新発売されたShimano Soraがメインに採用されていることが大きな特徴。Sora採用でリアのギアは、2012年モデルの8速から2013年モデルでは9速にグレード・アップ。ギアクランク、ボトム・ブラケット(BB)、チェーン、カセット・スプロケットに、それぞれShimano製の部品が採用され、パーツのグレードがよくなっています。

さらにリムのホール(穴)の数が、フロント、リアともに少なくなり、軽量化が図られています。タイヤはKENDA製からGIANT製に変更されていますが、タイヤ幅は変わらず700x25cを使用。全体の重量は2012年モデル(465mm)が9.8kgであったのに対し、2013年モデル(430mm)では9.4kgと軽量化。一方で、価格は少しアップして、¥84,000となっています。

エンデュランス用(長距離)ロードバイクのエントリーモデルとして、Defy3の2013年モデルは、重量、パーツのグレードともに、ユーザーの満足度の高い製品になるでしょう。注目しておきたい一台です。

 クロスバイクの定番、Escape RX3、Escape R3の2013年モデル

Escape RX3、Escape R3の2013年モデルは、2012年モデルに比べると大きな変更はあまり見られません。しいて言うならば、Escape RX3は、ブレーキがAvid製からShimano製に、タイヤがMichelin製からGIANT製に変更になり、価格も2100円安く、定価¥57,750となっていることぐらい。Escape R3にいたっては、ほぼ現行モデルと同じです。

それは逆にいうと、Escapeシリーズが完成度の高いバイクであることに他ならないでしょう。デザインもシャープで、カラーも豊富、走りもよく、かつお求め安い価格帯。今後もEscapeシリーズは、クロスバイクの定番として、ユーザーの支持を得られるのではないでしょうか。

詳しくはこちらから:GIANT Website

 

 

jaJapanese
jaJapanese