DAHONから「Mu SL」が入荷しました!

DAHONのホールディングバイクのフラッグシップモデルが、「Mu SL」です。カラーはオブシディアンブラック。重量8.9kg、適応身長が142-185cm、耐過重量80kgです。

メイン・フレーム並びにフロントフォークは、アルミニウム製で、一般的なホールディングバイクに比べると約3kg軽量で、持ち運びにも楽ですし、走りもまた軽快です。

タイヤはSchwalbe Kojak Dahon Special Editionの20”x1.35を装着。Kojakは、「快適な転がり性能とグリップ性を発揮する、スピードグリップコンパウンドを採用したスリックタイヤで、耐パンクにレースガードプロテクションを採用」しています。(Schwalbe websiteより抜粋)

ステムはその傾斜を変えることができ、アップライトな感じ乗車姿勢から、前傾姿勢の強い体勢にまで、自分の好きなポジションに変更可能です。

ギアの構成は、前がFSA Gossamerを使用した53Tの一枚、後ろがSRAM PG-980の11-32Tの9速です。変速機は、アルミの鍛造加工により高い強度と剛性をもつSRAM X9。

シフターには、ひとつのレバーでシフト・アップ、ダウンを操作するSRAM Duble Tapを使用しています。

シンプルで飽きのこないデザインとカラーリングからは、スーツ姿でご使用いただいても違和感がなく、通勤用としてもご利用いただけるバイクだと思います。ホールディングバイクであることから、自宅や職場でもスペースを取らずに保管することができます。

また輪行袋に入れて電車で移動したり、車に積んで出かけたりすることもでき、外出先でのちょっとした散策にも十分威力を発揮してくれるバイクでもあります。

ロードバイクほどの速さや軽量さはいらないけど、それなりに軽くて普段使いができ、軽快な走りのバイクをお探しであれば、Mu SLはまさにその候補の一台になるのではないでしょうか。

店頭に実車を展示しておりますので、ぜひ一度ご覧頂ければと思います。

DAHONとは…。アメリカ・カリフォルニア州でレーザー工学について研究をしていたデイヴィッド・ホン博士が、オイルショックを機に、「移動手段として全ての要素を満たす自転車は折り畳める自転車しかない。そんな自転車があれば多くの人々が、自分自身にも地球にも優しい移動手段として喜んでくれるのではないか?それが地球の未来を変えるのではないか…」(DAHON websiteから抜粋)という信念のもと開発したホールディングバイクのメーカー。1983年創業。

詳しくはこちらから:DAHON’s website

jaJapanese
jaJapanese