2012年3月9日

試乗車

レジャーハウスミヤザキでは、自転車をご購入するにあたって、試乗車をご用意しています。電動アシスト自転車においては、メーカーによってモーターの取り付け位置が異なるため、実際に試乗いただき、お好みの車種をお選びいただけるようにしています。

またスポーツバイクにおいては、クロスバイク、MTB、ロードバイクと、使用する用途に応じて、車種が異なってきます。試乗車を利用していただき、お客様のニーズにあったバイクを選ぶ参考にしてください。同時に、サイズ感もご確認いただけます。

試乗のご案内

  1. 試乗は「無料」です。
  2. 試乗時間は10分-15分ほどです。
  3. 予約はいりません。当日ご来店いただき、スタッフに「試乗希望」とお伝えください。
  4. 身分証明書のご提示をお願いしています。
  5. 簡単に自転車の使い方をご説明します。
  6. 試乗コースについてご説明します。

*試乗における注意事項

  • 試乗中における、お客様の過失等による事故、故障についての責任は、全て試乗されたお客様に生じ、当店では負わないものとします。
  • 試乗の際には、動きやすい格好をお勧めします。スカートやヒールを履いての試乗はお断りしています。

ROAD BIKE

TREK Emonda SL5 (2015, 500)

TRKE EMONDA SL5

2015年7月に発表された新しいロードバイク・モデル「Emonda」。「削り落とす」という言葉から派生するこのバイクの最大の特徴は、「軽さ」。Emonda SLはシリーズの中でもミドルグレードに位置し、フレームは500シリーズOCLVカーボンを使用。高剛性で軽量なフレームに、コンポーネントは11速のShimano 105が採用されています。スピードセンサーはBluetooth対応の「Duotrap S」に対応しており、スマートフォンなどのアプリケショーンとの連携もスムーズです。

TREK Domane SLR6 (2017, 500)

TREK Domae SLR6

2016年に登場した新たな「Domane SLR6」。ISO SPEEDは可変式となり、しなり量をライダーの好みに応じて調整できるようになりました。これによりコースや路面の状況において、快適な乗り心地が実現します。ヘッド部にもISO SPEEDが搭載され、新た路面の衝撃を緩和してくれ、また振動を吸収するIso Coreハンドルバーと相成って、コックピット周りの快適性がグンっと上がっています。少し長めのヘッドチューブによって乗車姿勢もリラックスして乗れるようになっています。タイヤは28mmまで対応可能で、グラベルなどにも使える万能ロードバイクです。

CROSS BIKE

TOKYOBIKE Bisou 26 (2016, S)

TOKYOBIKE BISOU26

TOKYOBIKE26のトップチューブがスローピングしているBisou 26。女性でもまたぎやすいフレーム形状。乗車姿勢も26に比べて、ややゆったりとしています。カゴやリアキャリアをつけてオシャレな日常使いの一台としても使えます。ハンドルも手前に曲がっているので、運転しやすいです。

TOKYOBIKE 26 (2015, S)

TOKYOBIKE 26

クロモリ(クロームモリブテン鋼)の細身のフレームに、26インチのタイヤを履いたTOKYOBIKE 26。試乗バイクのサイズは470ですので、女性でも気軽に乗れます。カラーはキャロット。旧モデルのため、変速機の部分は、現行モデルと異なります。

TREK FX3 (2018, 17.5)

TREK FX3

TREKのミドルグレード・クロスバイクです。アルミフレームにカーボンフォークを採用したモデル。3×9の27速、タイヤは700x32cです。グリップには走行時の細かな振動を軽減するものが使用されていて、乗り心地がよくなっています。

GIANT Escape RX3 (2018, Sサイズ)

GIANT Escape RX3

GIANTのクロスバイクのカテゴリーでは「Fittness」に位置するバイクです。ケーブルがフレーム内部を通る設計になっており、見た目がすっきりとしています。シートピラーの部分は、アルファベットのDの形をしたものが使用されていて、走行時の振動軽減に繋がります。タイヤ幅は700x28cと細めで、軽やかな走行が期待できます。

jaJapanese
jaJapanese